お勧めフランパンは、ステンレス!フィスラー・スティルックスプロ

ひとりごと
スポンサーリンク

※この記事はあくまでも個人的な感想です。

この記事に登場する特定の品物は決して否定してるものではございませんので、ご理解の上読んでいただけたら幸いです。

こんにちは。

訪れていただきありがとうございます。

自分の体調不良をきっかけに食生活を見直したハルジオンです。

食事を見直すと同時に調理器具も気にするようになりました。

フッ素加工のフライパンは、こびりつきが少なく軽いなどメリットがありますが、安全性の心配や、数年単位で買い換える必要があったり…

アルミ鍋は軽くて価格も控えめなので手に入りやすいなどのメリットがありますが、デメリットとして「有害物質が溶けやすい」という不安面もある…

いくら食事に気を使っても調理器具で悪影響なものを取っていたら元も子もないですから、少しづつ買い替えていきました。

その一つがフライパンです。

食生活を見直す前は、ただ安くて便利というだけでフッ素加工のフライパンを使っていました。

フッ素が禿げても使っていた時期もあり、今振り返るととても怖いですね・・・(苦笑)

ステンレスのフライパンに辿り着くまでは、バーミキュラ(鋳物ホーロー製)とビタクラフト(鉄製)のフライパンを使ってきました。

なぜこの二つを経てステンレスのフライパンに行き着いたのか?

それはメリットよりもデメリットが大きかったから。

メリットは、野菜炒めがベチャつかず美味しくできます。

炒め物はシンプルな味付けでも美味しくできました。

バーミキュラのデメリットは、焦げがつきやすい・その上焦げが取れにくい(手入れが面倒)

そして一番気になったことが。

料理の際、フライパンに油を入れて煙が出るまで加熱し、それから食材を入れて調理すると焦げ付きにくくなるのですが、油を煙が出るまで加熱→油が酸化する→その油を体に入れるのはどうなの?と言う疑問が生まれたからです。

そして焦げがついた時に、重曹&お酢&中性洗剤で手入れをするのですが、一度で取れるならともかく、何度やっても取れない汚れに嫌気がさし、自然に使わなくなってしまいました。

バーミキュラの製品は、キッチンに置くと映えて、自分が料理上手と勘違いするほどおしゃれなフライパンなので、手元に置いておきたかったのですが、何せ狭いキッチン、使わないものを置いておくスペースはないので、手放したという経緯です。

そして次はビタクラフトの鉄のフライパン。(これは今でも使用しています)

鉄フライパンのメリットは、強火に強くてお手入れが簡単!

(使い始めの油ならしは必要です)

フッ素のように禿げる心配もなく、ガシガシ使っても平気。

強火で調理できるので、美味しく仕上がります。

しかし 鉄のフライパン全般に言えることですが、油の量が半端ない。

鉄のフライパンに油を染み込ませコツを掴むと、焦げ付きは少なくなります。

手入れも洗剤を使わずタワシでさっと洗い、空焚きで水分を飛ばし 薄く油を塗っておけば手入れは簡単なのですが、料理に使う油の量が多くなり経済的なことを考えて使用頻度を少なくしようと思いました。

なぜ油の量が多くなるかと言いますと、

まず料理前に、古い油をフライパンに入れて加熱します。

油が温まりフライパンに馴染んだら、油を油ポットに戻し、料理用の油を入れて加熱しそれから調理を始めます。

そうなんです、鉄のフライパンは、古い油と料理用お油が必要になってくるのです。

私は料理に米油やオリーブオイルを使用していますが、手入れ用だけにサラダ油を使用するのは本末転倒。

かといって高価な米油やオリーブオイルを使うのはもったいないw

油返しは必須ではないですが、やるとやらないとでは、こびりつき方が違うんです。

そこで油の量を控えめに炒め物ができないか?と詮索したところ、たどり着いたのがステンレスのフライパンでした。

私が購入したのは、フィスラー・スティルックス プロ(steelux pro) 24CM

フィスラーのステンレスのフライパンは オリジナル プロフィ コレクション フライパン 溝の入ったフライパンもあり、こちらの方が「食材がフライパンに付きにくい」とお店の人に言われましたが、洗うときにフラットな方が良いと考え、スティルックスプロに決めました。

こちらのメリットは、

鉄フライパンよりも油の量が少なくすむ(ヘルシー)

こびりつきがあっても、たわしでゴシゴシ汚れを落とせる(お手入れ楽チン)

デメリットは、

1、重い

2、予熱に時間がかかる(加熱して水滴を落とし、コロコロ転がったら予熱完了)

こびりつかないとは言いませんが、つきにくいです。

ついたとしても、スチールたわしを使えるので神経質にならずに済んでます(ノンストレス)

バーミキュラや、鉄フライパンで作れなかった焼き餃子を焼いてみましたが、キレイに焼けました!

私が購入した先でもあり、こちらのインスタを参考にしているのでぜひご覧ください。

ステンレスフライパンを使ってから、ヘルシーに料理が作れる・手入れが簡単・美味しいと良いことづくしです。

皆さんもお気に入りのフライパンを見つけていただきたいと思います。

楽しいキッチンライフを。

この記事を書いた人
ハルジオン

   京都在住
   愛機・Nikon Z6ⅱ
  
「体は食べたもので作られる」「体が整えば気持ちも整う」
長年体調不良で悩まされ、食事を変えたら元気になりつつあります。
その経験から、本物の調味料の紹介や元気になって最近趣味として始めたカメラを主にしたことを発信しています。

ハルジオンをフォローする
ひとりごと私の台所
スポンサーリンク
ハルジオンブログ

コメント